最近はマスクをしているユーザーが一体全体多くなりましたね。時代遅れはマスクをしているユーザーは大病ユーザーという考え方があったので、あんまりマスクをかけて要るユーザーを街中で見ることはなかったように思います。それでも今は感染症護衛はもちろんですが、すっぴんも発進できるからとか、単純に温かいからなど色々な理由で気軽にマスクをかけるようになりましたね。青写真の興味深いマスクなども多々出ていて、ある意味マスクはすでに「オシャレもの」なのでは?という知覚もします。そういったぼくは残念ながらオシャレマスクをかけたことはありませんが、すっぴん隠しの目的でかけたことはあります。あとは、「ついつい人という話したくない内面」のとき。たとえば幼稚園のお呼びも超絶に行くも、何だか普段の身辺圏内だと傍らに出会うことは多いです。も、マスクを通していれば他の人に気づかれづらいし、なんだか話しかけづらい風向きを出せる気がします。いったんマスクに慣れてしまうと、外したときに違和感があったりもしますね。これからはマスクをするユーザーがつぎつぎ増えていくんだろうなぁと思います。